美肌になる方法

食べ物で美肌になる方法

美肌になる方法,美肌,習慣,食べ物

美肌になるためには、ビタミンCやコラーゲン、ヒアルロン酸などといった成分が配合されている食べ物やサプリメントをとることばかりに目がいきがちですが、偏った栄養ばかりを摂取しても、美しいお肌は手に入れられません。

 

そもそも、食べ物による美容効果というのは、さまざまな栄養素をバランスよく食べることによって、その効果を発揮することができます。

 

特定の栄養素ばかりを気にして食べていても、美肌にはなれないということを覚えておきましょう!

 

美肌になるためにバランスよくとりたい3つの栄養素

 

ビタミンA

 

ビタミンAには肌のうるおいを保つ働きのある栄養素です。にんじんやかぼちゃ、トマトなど、緑黄色野菜に多く含まれます。

 

1日に100g以上食べるようにしましょう。

 

ビタミンC

 

ビタミンCは美白効果はよく知られていますが、そのほか抗酸化作用や紫外線への抵抗力をつける働きがあり、美白効果やアンチエイジング効果が期待できる栄養素です。

 

じゃがいもやカリフラワー、果物に多く含まれますが、たくさんとりすぎると体外へ排出されるので、1日200gぐらいが目安です。

 

タンパク質

 

お肌を作るのに欠かせないタンパク質は、毎日欠かさず適量とるようにしましょう。タンパク質をとることで代謝が促進され、健康なお肌が作られます。

 

赤身の魚や肉を毎食、大体60gぐらいを目安にとりましょう。肥満が気になる方は、油を控えた調理法で上手に摂取するように心掛けましょう。

 

ついついビタミンはサプリメントに頼りがちですが、吸収率が悪いので、なるべく食事でとるように努力しましょう!