美肌になる方法

お風呂で美肌になる方法

美肌になる方法,美肌,習慣,入浴

美肌になるためには、半身浴で長く湯船に浸かる・・・そんなイメージはありませんか?

 

実は半身浴で長く浸かっても、代謝量はさほど上がるものではなく、お肌にいいとは言えません。確かに汗をかきやすい点はあるかもしれませんが、これによって毛穴の汚れが落ちると思い込んでいる方もいらっしゃいますが、汗をかいたからといって毛穴の汚れは落ちません。

 

またデトックス効果もさほど期待はできません。

 

実は、こういった汗をたっぷりかくという入浴方法を続けていると、汗腺が活性化され、汗をかきやすい体質になってしまう恐れもあるのです。また長く浸かりすぎるのも、皮膚の皮脂が必要以上に落ちすぎたり、保湿成分セラミドが流れ出て、乾燥肌を招く可能性もあります。

 

美肌になるための入浴方法

美肌に大敵なのは、実はストレス。ストレスがたまると、男性ホルモンを刺激して過剰に皮脂を分泌し、ニキビができやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなったりします。このストレスを発散するという効果が入浴には期待できるわけです。

 

ストレスを発散する入浴方法というのは、半身浴よりも全身浴。長く浸かる必要はなく、10分から15分程度で十分です。入浴後、体温が少し低下する頃に就寝すると、質のよい眠りにつけ、高い美肌効果が期待できます。

 

長く入浴すると体が疲れてかえってストレスがたまります。15分ほどで切り上げて、その分の時間は睡眠時間に回すほうが美肌に近づけるということです。